ジェネリック医薬品のシェア拡大に対する克服すべき課題

ジェネリック医薬品の利用割合

ジェネリック医薬品の品質試験方法

会長の役割~日本ジェネリック製薬協会~

日本ジェネリック製薬協会の会員になったら

日本ジェネリック製薬協会の情報提供システム

日本ジェネリック製薬協会の見地からジェネリック医薬品服用時の適応違いに対する見解

日本ジェネリック製薬協会の会員になったら

正会員になるには。

日本ジェネリック製薬協会では、活動に賛同する医薬品を製造販売する企業の会員を募集しております。協会は、医薬品の製造および販売等を行っている企業からの支援を受け、品質の良いジェネリック医薬品の安定的な製造ができるように、またジェネリック産業の今後の継続的な発展や、国民の皆様の健康や医療に関するサービスの向上などを目指して、日々活動しております。

協会に入会するには。

入会するにはそれぞれの条件を満たしている必要があります。
1、医療用の医薬品を製造および販売している企業で、国が定めた薬事法の企業内の運営体制が沿って進められている。
2、日本ジェネリック製薬協会の理事または監事を有する企業2社以上からの推薦を受け取ること
こちらの2条件を満たしていなければなりません。
正会員の会費。
入会するとまず入会金が20万円発生します。また会則に定められた会費が発生します。こちらはちなみに平成28年現在ですが月の定額で141,000円となっております。

日本ジェネリック製薬協会の会員になったら

権利に関して。

晴れて入会となりますと日本ジェネリック製薬協会内での権利が発生します。具体的に言いますと、まず総議決権を獲得することができます。またさまざまな委員会活動に参加できるようになるほか、協会が運営しているホームページ内の情報をすべて閲覧することができます。また協会が主催する勉強会や研究の発表会や各種のイベント等に参加ができるなど日本ジェネリック製薬協会の発展に向けての様々な取り組みに関わることができるようになります。

それ以外の会員

日本ジェネリック製薬協会にはその他に、一部の条件が制約されている準会員や、協会が行っている事業や活動に賛同しており、ホームページのシステムを使いジェネリック医薬品に関する情報の伝達を行う情報提供システム会員や、ジェネリック医薬品のますますの促進のために協会が取り組んでいる活動に賛同する賛助会員があります。