ジェネリック医薬品のシェア拡大に対する克服すべき課題

ジェネリック医薬品の利用割合

ジェネリック医薬品の品質試験方法

会長の役割~日本ジェネリック製薬協会~

日本ジェネリック製薬協会の会員になったら

日本ジェネリック製薬協会の情報提供システム

日本ジェネリック製薬協会の見地からジェネリック医薬品服用時の適応違いに対する見解

会長の役割~日本ジェネリック製薬協会~

ジェネリック薬品とは、先発医薬品の特許が切れた後に、他の製薬会社によって品質や効能を同じように保ちながら製造及び販売されている医薬品のことを言います。
また開発までにかかる期間もコストも抑えることができるので、患者さんにとっては医療費の削減につながりますね。

アメリカやイギリスやドイツなど諸外国では、日本よりもずっと以前からジェネリック医薬品の普及が進んでおり、シェア率は60%を超えているとされておりますが、日本ではまだまだ認知度やジェネリック医薬品に対する印象が高くないこともあり、他国から比べるとかなり遅れをとっております。

日本ジェネリック製薬協会とは。

東和薬品株式会社の代表取締役社長である吉田逸郎会長をトップとして、ジェネリック医薬品のメーカーさんを会員として組織されている団体のことです。
先ほども記述した通り日本ではまだ知名度の低いジェネリック医薬品に対して、当協会はジェネリック医薬品の一般社会への普及や製品に対する理解の向上、産業全体にとっての発展のための協力体制の構築、国民の皆様の健康に貢献するために、日々吉田会長のもと様々な取り組みや活動を行っております。

会長の役割~日本ジェネリック製薬協会~

日本ジェネリック製薬協会の取組み

当協会では、吉田会長がリーダーとして指揮をとりながら、ジェネリック医薬品のシェア拡大を目指し、会員である医薬品メーカーさんと協力しながら課題をクリアしていき目標の達成に向けて日々活動しております。また促進するための目標として、2018年の年度末の3月までには数量のシェアを60%まで引きのばしていくと発表されております。
また現在は高齢化社会が進んでおり、その中で医療費の負担が国としても患者としても上昇していく中で、ジェネリック医薬品に対する期待は大きくなる一方です。そのためには患者や医師や薬剤師が気になる点でもある、マニュアルの作成や安全に供給されるためのまた適切に取り扱われるためのガイドラインの整備に力を注いでおります。
とかくジェネリック医薬品に関しては価格競争に目が行きがちですが、吉田会長のもと適正な競争による適正な価格や環境の実現に向けて今後大きく広がっていくのではないでしょうか。