ジェネリック医薬品のシェア拡大に対する克服すべき課題

ジェネリック医薬品の利用割合

ジェネリック医薬品の品質試験方法

会長の役割~日本ジェネリック製薬協会~

日本ジェネリック製薬協会の会員になったら

日本ジェネリック製薬協会の情報提供システム

日本ジェネリック製薬協会の見地からジェネリック医薬品服用時の適応違いに対する見解

ジェネリック医薬品の利用割合

医薬品について説明しますと、一般的に私たちが薬局やドラッグストアに行って購入するのが一般用医薬品とされていて、病院やクリニック等に診療に行った際にお医者さんから処方されるものが医療用医薬品となっております。この医療用医薬品が先発医薬品とジェネリック医薬品にわかれているのです。

国民の医療費に関して

日本では、国民皆保険というすべての国民がなんらかの形で公的な医療保険に加入して、お互いで支え合う体制が整備されているので、世界的に見ても高い保険医療の水準と平均寿命の長さを実現してきました。
ただこの現代において高齢化社会が進み、保険や医療を取り巻く環境は大幅に変化を求められております。そのためには、財政の厳しい中でも国民にとって必要な設備や医療の確保と、今後の年齢構造にも対応できるような医療のシステムの構築が急務となってきました。
医療費に関してみても高齢化による上昇は著しく、年々増加傾向で2016年現在においてはすでに40兆円を突破しており一人一人の負担も年々大きくなっていく一方です。
その一方で、先発医薬品と同様の効果があり、厚生労働省による審査もきちんとパスしてきた後発医薬品のジェネリック医薬品は比べてみれば品質や成分の有効性は変わらないままで、価格を大幅に抑えることが可能です。
よってジェネリック薬品の利用率があがるように取り組んでいくことによって、医薬品が必要な患者さんの、自分で負担しなければいけない医療費の削減になりますし、全体としてのコストの削減につながっていきます。

ジェネリック医薬品の利用割合

現在の利用率に関して

では現在ジェネリック医薬品の利用率はどのくらいでしょうか?現在発表されているものを調べてみました。まずは算出するための指標として、後発医薬品の数量÷(先発医薬品の中で後発医薬品のある数量+後発医薬品の数量)で計算しております。日本ジェネリック製薬協会のデータによるとジェネリック医薬品の利用率はすでに60%に達するくらいまで伸びてきました。
後発医薬品案して選んでもらえるように、厚生労働省ではさまざまな取り組みを行ってきました。安定した供給ができるような整備、品質をきちんと保つ、情報の提供、使用促進につながるプランの作成、また国民に皆さんに知ってもらうための発信など普及に向けた取り組みが実ってきた結果といえます。