ジェネリック医薬品のシェア拡大に対する克服すべき課題

ジェネリック医薬品の利用割合

ジェネリック医薬品の品質試験方法

会長の役割~日本ジェネリック製薬協会~

日本ジェネリック製薬協会の会員になったら

日本ジェネリック製薬協会の情報提供システム

日本ジェネリック製薬協会の見地からジェネリック医薬品服用時の適応違いに対する見解

ジェネリック医薬品のシェア拡大に対する克服すべき課題

日本でのシェア拡大に向けて

欧米やヨーロッパ諸国と比べて日本はまだまだジェネリック医薬人は浸透していないと言われております。諸外国は保険でカバーできる医療がだいぶ限られてしまっているので、一度病院に行ったり薬をもらったりするだめでもすごい金額の請求書が来るということも多くあります。そのため負担を少なくするためにもジェネリック医薬品が選ばれることが多いのです。

最近販売開始されたバイアグラのジェネリック、シルデナフィルが有名です。
http://xn--dckwb7bm9c7ge2422r.net/a_way.html

では日本はどうでしょうか。保険制度がしっかりしている日本では、病院にいって薬をもらうだけのようなときにとんでもない金額が請求されるなんてことはありえません。ただジェネリック医薬品が先発医薬品と効果がいっしょで価格が安いのであれば、そちらが選ばれて当然なはずですが日本でもシェア拡大は後れを取っております。今後も取り組んでいくべき課題などについて考えていきたいと思います。

ジェネリック医薬品のシェア拡大に対する克服すべき課題

今後のシェア拡大に向けての課題点

先ほども言いましたが一般的に考えて、先発医薬品と同じ効果を得られるのであれば、価格が安くて済むジェネリック医薬品を当然選ぶでしょうし全く問題ないはずです。ただしジェネリック医薬品は価格競争になり様々な製薬会社から販売されていますが、その中には必ずしもすべてがいいというわけでもないようです。先発医薬品が長く使用されている間に患者さんや医師からあがっていた問題点や改善点をうまくカバーし、先発医薬品よりもすばらしいと強化されるようなものがある一方で、ジェネリック医薬品に変えたら前に得られていた効果を同じように感じなくなってしまったというものもあります。

薬が作られる際には有効な成分のほかに、薬を溶けやすくしたり保存期間中に安定した効果が出るようにしたり飲みやすくしたりと様々な目的のために使用される添加物も多く含まれています。先発医薬品と添加物が変われば必ずしも患者さんによっては同じ効果が得られなかったり、添加物に対するアレルギーがあったりする方もいます。シェア拡大のためにはジェネリック医薬品に関する情報をきちんと患者さんに伝えることも大事だと思います。